「終わったあとはスッキリ」

昨夜は、21時になるのを横になり、リラックスして待っていました。時間になり、少し経つと、両膝が温かくなってきました。太ももと膝上に心臓がある感じ。激しい鼓動ではないですが、ドクッドクッと自分の鼓動をしっかり感じられました。
その後、横になりながら、携帯をいじっていたのですが、急に母に対する思いが湧き上がりました。具体的に何を思い出したか覚えてないのですが、ただ涙が溢れてきました。その後、思いは離れて暮らす娘へと移り、私の判断は間違っていたのか、また、今も間違っているのか考え、号泣していました。呼吸と感情が苦しかったです。
ですが、終わった後はすっきり。
娘への感情が出てきた事に驚きましたが、
良い経験が出来ました。

 

●その後のご感想です●

 

その後ですが、子供たちとうまく話している自分がいました。今まではなんて話すかに囚われていて
うまく話せているかと考えながら子供たちの話を聴いていたのですが、とても楽に話をしていました。
このようなヒーリングを受けるチャンスを与えていただき、ありがとうございました。


「妊娠の神秘性に感動し女性であることを肯定できるようになりました」

ヒーリングを受けた当初は、特になんの変化も感じることが、なかったのですが…
この一月で様々な意識の変化がありました。
友人から借りた本がきっかけで、女性性であることに否定的であることに気付きました。
その後、自分の身体に意識を向けるようになり、だんだんと意識の変化がありました。
そして先日、妊娠した友人に会った時に、妊娠の神秘性に感動し、女性であることを肯定出来るようになりました。

緩やかにヒーリングの効果が現れたのかなと思います。

ありがとうございました。

「私がとても受け取りたいヒーリングだったかもしれません」

私が、とても受けとりたいヒーリングだったかも知れません。
ヒーリングを受け取らさせていただいたあと、母との関係が良くなりました。
私の誕生日前には、母と二日続けて出かけることができ、お祝いをしてくれて(ビックリ)
その時の、お互いの雰囲気も、とても和やに過ごすことができました。
今は、また、いつものお母さんかな。。。?と思う感じもあり。。。
お母さんが、私にとても影響力をもたらしています。
まだ、お母さんの反応・顔色を伺ったりしてしまう時もありますが、
私が自分自身を愛し、信じぬいていってあげたいと思いました

 

<その後のご感想です>

私としても、母と楽しく過ごせたのがとても嬉しかったし、
(二日間も、連続してお出かけして誕生日を祝ってくれたなんて、今までなかったです)
私の感想を参考にして、多くの方がヒーリングを受けられて
沢山の笑顔が広がっていけば嬉しいです。

 

「親子関係の気づきが順調のようです」

先週は『グレートマザー愛のエネルギー』ヒーリングありがとうございました♪
娘もコールインでしっかり受け取らせていただきました。
ありがとうございました。

私のヒーリングの前に、娘のヒーリングでコールイン宣言をしたら
私自身、クラウンチャクラ全体にエネルギーが来てる感じで眠くなりました。
本を読んでたのですが、目の前に電撃のような白い光が一瞬、見えましたよ。なぜか。
娘は横になってヒーリングを受けてましたが、感想は’すごく眠い’くらいでした。

私は時間になって横になり、ほんわかしたエネルギーを感じました。
突然、目の前に子供の河童のような精霊が現れ、こちらを見てましたが、すぐに消えました。
サードアイのあたりに、かなりのエネルギーを感じました。
また突然、目の前に大きくリアルな昆虫の足が見えました。
たぶん、子供の頃に見た昆虫で、コワイと思ったものや嫌だと思ったものが出てくる感じがしました。

母については’感謝’の気持ち。
娘については’愛’と’自立した道を歩んでほしい’ という気持ちで受けてました。
そして、地球にも感謝の気持ちを感じてました。

後半のほうで、ハートのチャクラに3回ほどピリリという振動がきました。
黄色いハイビスカスのような花が見えました。
それから、最後のほうで、白い細長い四角い物体に丸い窓のようなものが4つあって、
それぞれが柔らかなきれいな色(ピンク、青、黄など)を発してるのが見えました。(UFOかしら?)

そんな感じでヒーリングを受けてました。

翌日、『否定ではなく信頼する気持ち』が大切なのね~なんて思ってました。
(ふと頭に浮かんでたのでメモってましたヨ。)

そんなにすぐに変化は起きないだろう・・・と思ってたのですが
なんと!2日後に気づきがありました。

うちの娘はのんびり屋のところがあり、母としては何度も催促してカリカリするところがありましたが
”愛情で見守って信頼して待つ!”と日曜日のお散歩中に、ふと頭に浮かびました。
信頼して待つことも大切なんだなぁ・・・と’待つ’姿勢を心がけるようになりました。
学校に提出する進路関係の重要な書類提出が翌日に控えてたのですが、全く何にも書けてない娘。
母としても何度も催促せざるを得ない状況だったかな?と思うのですけど、
一言、『愛情で見守って、信頼して待つからね(ニコリ)』と娘に話しました。^^
お散歩から帰り、娘がダラダラしても『信頼してるからね(ニコリ)』と言ったら、
娘はしばらくして書類&作文にとりかかり数時間して書き上げました♪♪

内容は思ったよりもしっかり自分の将来のことを考えてる娘の作文でした。
将来なりたい職業についても、何になりたいか決めてない娘でしたが、
’自分の能力を伸ばして、自分にしかできない人の役に立つ仕事につきたいです’とまとめてありました。

中学2年生になってもなりたい職業がないなんてどうなの?なんて思ってた私ですが
信頼して待つことにしました。
待つことも愛情ですね。^^

親子関係の気づきが順調のようです。^^